インプラント治療

[ インプラント治療で失ってしまった歯を美しく再生 ]
インプラントとは、何らかの理由で歯を失ってしまった場合に、生体に対して安全なチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、しっかりした土台をつくり、その上に人工の歯を装着したものです。インプラントは噛む力や耐久性、審美性が天然の歯に近く、このすばらしい機能と美しさから"第2の永久歯"といわれています。従来の治療法である、取り外しのわずらわしい入れ歯や健康な歯も削ってしまうブリッジに比べ、はるかに機能的に優れています。

当院で使用しているインプラントメーカー

アストラテックインプラント

当院では「アストラテックインプラント」を用いた治療を行っています。アストラテックインプラントは、世界最古のインプラント「ブローネマルクインプラント」を改良した治療法です。審美性に優れていることはもちろん、骨とチタンの結合(オッセオインテグレーション)の強度が向上していることが大きな特長です。

人工歯根の表面の特殊加工により顎の骨の形成が促進され、人工歯根にある小さな溝は周囲の骨にかかる荷重を分配し、骨の吸収を抑える役割を果たします。その優れた強度と長期安定性が世界中で高評価を得ています。

インプラントと従来の治療(ブリッジ)の違い

インプラントの場合

インプラント
  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができます
  • 咀嚼能力が高いので、歯を気にせず硬いものなどの食事ができます
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることが可能です
  • 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れる心配がなく、安心して快適な生活を送ることができます
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます

従来の治療(ブリッジ)の場合

ブリッジ
  • 土台となる両隣の健康な歯を削らなければならない必要があります
  • 土台となる両隣の歯に噛む力が余計にかかるため、負担となってしまうので、その歯を喪失してしまう可能性が高くなってしまいます
  • インプラントに比べて長持ちしません
  • 土台の両隣の歯に問題が発生すると、再治療が必要な場合があります

インプラント治療の流れ

インプラント治療前の口腔内診断

インプラント治療が失敗するほとんどの原因は、歯周病による感染です。そのため、インプラント治療を受ける場合には歯周病の検査と治療をしっかりとやってくれる歯科医院を選ぶことが重要です。当医院では、事前にしっかりと歯周病・むし歯の治療を行ったうえで、万全の状態でインプラント治療を行います。

CT撮影・検査

歯科用CTで撮影し、歯や顎の骨の詳しい状態を正確に把握します。当院の歯科用デジタルCTは、従来のCTに比べて、先進のテクノロジーによりX線照射線量(一般CTの約1/5以下)が少なく、患者さんにやさしいCTです。 >> 歯科用CTについて

カウンセリング

診断結果をもとに、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。

インプラント埋入手術

インプラントオペは麻酔をしますので、痛みはありません。麻酔が切れた後に軽い痛みを感じることはありますが、痛みどめを服用するほどでもない場合がほとんどです。術後2、3日少し腫れることはありますが、自然におさまりますので、仕事や学校を休む必要はありません。

メイテナンス

インプラントは感染しますと抜けてしまいますので、埋入後は定期的なメンテナンスで歯垢、プラークを落とし、口腔内を清潔に保つことが重要です。一般的には、3ヶ月に1回程度の間隔でメインテナンスを行います。メンテナンスはクリーニングですので、痛みはありません。また、毎日の歯みがきなど日々のメンテナンスを怠ると、永久的なインプラントの寿命を短くさせてしまうことになります。


歯科治療のご案内 診療時間・アクセス

〒318-0032
茨城県高萩市大和町1-27

アクセスマップを見る
[平日]
(午前) 9:00-12:30
(午後) 14:00-19:00
[土曜]
(午前) 9:00-12:30
[休診]
日曜・祝日
診療時間・お問い合わせは、TEL:0293-22-2417

ページの先頭へ戻る

Copyright © 2012~ 高萩市の歯医者 若松歯科医院 All Rights Reserved.